《ICO》「Bankera(バンクエラ)」トークン買ったので毎週イーサリアムで配当もらってます

《ICO》「Bankera(バンクエラ)」トークン買ったので利益20%の毎週配当もらってます

ivcon
川添(@kawazoezoe)です。

仮想通貨コミュニティでも触れたのすが、このZOELOGでも書いておきます。

少し前に、「現在投資中の仮想通貨とICO」について投稿しそこでも言及してますが、次世代銀行を目指す「Bankera(バンクエラ)」で10万円分くらいトークンをプレセールで購入しました。

《図解》私ゾエがビットコインを原資に投資中のアルトコインとICO案件を図解して説明します。

毎週利益の20%がもらえる

で、トークン保有者には毎週配当があります。

要は、このBankeraのトークンはいわゆる配当型でして、毎週少額ですがイーサリアム(ETH)で利益配当されるシステムになっています。

三週連続でETHが入金されてました。今のところ合計400円くらいかな。

金額の計算方法はこちら。

バンカートークン各保有者には純取引利益分配額が利息として毎週支払われます。これはバンクエラの゙純取引利益の20%から構成され、毎週スマートコントラクトに送られます。例えば、バンクエラの1週間の純利益が1000万ユーロとした場合、200万ユーロが純取引利益分配額としてスマートコントラクトに送られます。

続いて、バンクエラのスマートコントラクトがトークン保有者にこの利益を按分します。仮に、もし計500億のバンカートークンあり、お客様がそのうちの100万バンカーを所有した場合、およそ40ユーロに相当する仮想通貨がお客様に配布されます。

仮にひと月で500円分のETH配当とすると、単純計算で年間で6000円分のETHがなにもしなくてもトークンを保持しているだけで入ってくることになります。

Bankeraの期待値が高い3つの理由

ちなみに「バンクエラ」の期待値が高いポイントとしては、この3点です。

  1. すでに上場予定の取引所(SpectroCoin)を抑えている
  2. すでにプロジェクトとして稼働している
  3. アドバイザーにNEM(ネム)のトップが名を連ねている

※詐欺チックなICOが多くを占める中、これだけの条件を整えている案件ってある?くわしくはまた別の機会に書きたいと思います。

Bankeraに真に期待するコト

まあお金がいくらもらえるとかは二の次でよくて、やっぱりブロックチェーンで完全無欠の銀行をつくりあげようとするイノベーティブな企業姿勢に共感、ワクワクしますね。

世界中へ即時送金可能、手数料も安いし、融資や投資を受けるためのハードルも下がる。

自国の通貨が不安定でも、国境を飛び越えて新しい市場に飛び込んでいけます。銀行口座さえ作れない途上国の人たちはむちゃくちゃいます。この厳しい状況を打破する起爆剤になる、そんな期待をしています。

規制だらけの既存の金融システムが張りめぐらすガラスの壁を打ち破って、閉鎖的な社会に風穴を開けるプロジェクトとして、僕は「Bankera(バンクエラ)」に大きな期待を寄せています。

 

👉 BankeraのプレICOは、すでに9/28の期限を待たずしてすべて完売。トークン(BNK)は「SpectroCoin」という海外の取引所で購入できます。※ちなみに円では買えないので、一度「coincheck」などでビットコイン(BTC)を購入し、そのBTCで購入しましょう。

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。