《解説》次世代銀行Bankera(バンクエラ)とSpectroCoin(スペクトロコイン)の関係性をサクッと解説します

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
《解説》次世代銀行Bankera(バンクエラ)とSpectroCoin(スペクトロコイン)の関係性を解説します

SpectroCoin(スペクトロコイン)って?

僕がもっとも期待を寄せているICOプロジェクト次世代銀行「Bankera(バンクエラ)」。

業績もすこぶる好調のようで、毎週しっかりと利益配当が支払われています。

12週連続でイーサリアムで利益配当!次世代銀行Bankera(バンクエラ)、純取引利益のレベニューシェアは年率5.03%!ICOは11/27開始

2017.11.22

 

で、このBankeraといつも一緒に登場するのが「SpectroCoin(スペクトロコイン)」。いまいちよく理解していないという人もいるようなので、簡単に解説しておきます。

《解説》次世代銀行Bankera(バンクエラ)とSpectroCoin(スペクトロコイン)の関係性を解説します

もともとBankeraの創業チームは、すでに仮想通貨取引やewallet(電子マネー口座)、デビットカードの発行、決済代行サービスの運営を手がけていて成功をおさめているんです。

そのプロジェクトのブランド名が「SpectroCoin(スペクトロコイン)」ってわけです。そこから新たな事業としての次世代ブロックチェーン銀行「Bankera(バンクエラ)」が生まれたという流れです。

僕がくり返しなんども言っているですが、一般的にICOって単に資金を集めるだけが目的の詐欺案件がたくさんある中で、BankeraはICO以前からすでにSpectroCoinを通じてサービスが運営されているので、他の案件よりも際立って信用がおけるんです。

ちゃんと毎週欠かさず利益配当がありますし、SpectroCoinのユーザーも着実に増えています。

SpectroCoinコミュニティは、先週は11,266人の新規ユーザーが加わり、合計で450,159人から461,425人まで成長したことにも言及する価値があります。それは、より多くの取引とより多くの純取引利益をもたらします。(Bankera公式チャットより)

Bankeraトークンを購入するには?

BankeraのICOセールは、11/27に正式決定していて、上で解説した「SpectroCoin」で購入できます。

ちなみに円では買えないので、一度「coincheck」や「Zaif」などでビットコイン(BTC)を購入し、そのBTCで購入されるのをおすすめします。

ゾエ
トークン保有者は毎週の配当を楽しみに、「プレICOで買いそびれた!」という人は、11/27開始のセールを待ちましょう。


はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。