はたらくを軽くしたい

Blog  投稿日:2017年9月7日

私ゾエがamazonから得ている紹介手数料の2017年の実績公開(1/1~9/7)

私ゾエがamazonから得ている紹介手数料の2017年の実績公開(1/1~9/7)

ivcon
川添(@kawazoezoe)です。

アマゾンの「アソシエイト・プログラム」という制度がむかしからありまして、要するにブログなんかで本など商品をamazonへのリンク付きで紹介すると、一定の手数料がもらえるよ!というものです。

たとえばこんな感じで。

これを読めば文章力がショートカットで身につく!『新しい文章力の教室』

 

で、私も利用しているわけですが、このZOELOGをメインに、ほかにもいくつか運営しているメディアもひっくるめた、2017年(1/1~9/7)の紹介料の実績がこちらです。

※ほんとはスクリーンショットをUPしたいけどNGのようなのでテキストで

  • クリック数:7,551
  • 注文済み商品数:427
  • 発送済み商品数:340
  • コンバージョン率:6%
  • 紹介料合計:12,368円

ざっと計算すると、ひと月当たり1,500円とかそんなもん。

 

つまり、

  • 400件くらい注文受け付けたのに、その報酬ってビジネス書一冊分くらいの金額ってことですよ。

あと、

  • 7,551クリックされても、そのうち実際に購入にいたるのは6%(コンバージョン率)

さらに

  • 7,551クリックされるために、高めに見積もってもその100倍くらいは、amazonリンクを貼っているページへのアクセスが必要(755,100アクセス=クリック率0.1%)

てことはあれですよ、

  • 月1万円稼ぎたいと思ったら、単純計算で月500万アクセスは必要になる。うへー。

 

このamazonからの紹介料、むかしは今の数倍くらい報酬がありましたが、

  • 紹介料率が低下傾向にあること
  • ライバルが増えたこと
  • マーケットプレイスという単価が低い中古商品に流れていること(とくに紙の書籍)

などの理由から報酬もめっきり減りました。

(Amazonアソシエイト・プログラム紹介料率表 9/8時点)

 

僕は「サーバー代がまかなえればいいや」くらいで考えています。

結構あるのが、自社の新しいメディアを立ち上げて、自分たちが厳選したこだわりのアイテムを紹介していく。ついでにamazonのリンク貼れば紹介料を稼ぐことができるぜ!的なケース。

夢を持つのはよいのですが、最初からamazonに期待しすぎると、後から現実を知ったときにモチベがダウンしてしまい、いつしか誰も更新しなくなり、フェードアウトする。

これまでそんな事例をたくさんみてきました。

 

「まずは自分たちがメディア運営をたのしむ。マネタイズは後から」くらいのユルいマインドがよいかと。

(img via:Jurgen Appelo)

はたらくを軽くしよう! [Z]

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。

川添祐樹(Yuki Kawazoe)
サラリーマン、NPO、経済産業省調査官(クールジャパン担当)、フリーランスなどさまざまな仕事経験を活かし、現在はITネット活用のコンサルティング・研修講師などの事業支援を行う。

・世界700万ユーザーのクラウドマインドマップ「MindMeister」のエバンジェリストとして、日本市場の拡大に従事。
仮想通貨コミュニティ「カソウツーカー」主宰
Evernoteコミュニティリーダー

・ZOELOGは31万PV、福岡県糸島市在住。
[もっとくわしく]

クラウド型マインドマップ「MindMeister(マインドマイスター)」