「転職エージェントが人工知能に駆逐されない」云々記事に思うこと

ゾエ (Yuki Kawazoe) 
「転職エージェントが人工知能に駆逐されない」云々記事に思うこと

(写真:福岡市西区の小戸公園 / 福岡市より提供)

ivcon
川添(@kawazoezoe)です。

 

なんか言いたいことはわかるけど、理由が主観すぎてロジックが弱いと感じました。

僕もかつてIとR社の二強時代にエージェントを利用したことがありますが(結局どれも辞退)、パン工場の工場長候補を真面目に紹介されたときはド肝を抜きました。

もっとも転職エージェントも玉石混交でしょうから、「玉」なるエージェントの方は工場長だろうが、総理大臣だろうが、「ぜんぜんオレのキャリアと関係ないじゃーーーん!」と思える仕事でも、しかるべき根拠を持って提案いただけるのかと想像してますが、少なくとも先のパン工場の提案は根拠ゆるゆるでしたw

あれから数年経過してますので、「HRテック」と叫ばれるようになった昨今は、ゆるゆるでないとは思いますが、エージェントへのプチトラウマを持っている人は、人ではなくAIを信頼するのかも。

 

あと、「押し込む(=求職者を企業に強引に採用させる)」といったヒトをモノ扱いするようなエージェントは、AIに駆逐されるなりして業界からご退場いただければ、「どうか神様お願い」と切に願っております。



はたらくを軽くしよう!

このブログは、Evernoteでネタを貯め、MindMeisterでアイデアを体系化・整理しています。